玉陵の石獅子

DL2545

ダウンロード画像のファイルサイズは[0.25MB / 1920×1280px / JPEG形式]です。
【撮影年月日】2015年(平成27年)11月1日
【説明】墓室の上に設置されているのは3体。中央円塔上の1基は蹲踞の姿勢で鎮座し、東西設置の雌雄一対の獅子はいずれも直立する姿勢をとっている。対の獅子のうち東側の獅子は、2頭の子獅子を抱え子獅子は親の首にかかる鈴に戯れている。また西側の獅子は通称「毬取り獅子」といい毬の紐を口にくわえている。現存する石彫りの中でも異彩を放つ逸品である。また欄干の親柱には14体の獅子が設置されている。(長嶺操『写真集 沖縄の魔除け獅子』沖縄村落史研究所,1982年,p.35)

再ダウンロード有効期間(日数)30
ファイル名DL2545.JPG
公開日
バージョンvar 0.1
制作砂川 哲男
¥3,500(税込)

関連商品